ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

毎度お世話になっております。店長の福島です。

10月になりました。消費税増税とともに迎えるなんとも憂鬱な気分なのですが、そんな気分もラグビー日本代表の活躍が吹き飛ばしてくれ、今月も楽しいひと月となりそうです。この地でキャンプを行う西武ライオンズも見事なV2を果たしてくれまして、いよいよこれからが昨季の雪辱を果たすリベンジタイムとこちらも楽しみで完全なスポーツを見るだけの秋を満喫しております。スポーツ観戦に欠かせないのはもちろんビールとなるわけで、特に観戦時は味わうどころか勢いで流し込めとなるのも醍醐味ですが、試合がない日など一歩立ち止まり冷静になって周りを見渡せば、この季節にしか味わえないお酒や味覚があふれてる最高の季節でもあります。食欲の秋もおおいに楽しみたいところです。皆様もそれぞれの秋をどうぞお楽しみください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

油津吟 YUZUGIN

5,400円(内税)

販売価格 5,400円(内税)
購入数
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


和の国のジン『油津 吟 YUZU GIN』
伝統を重んじながらも、常に新たな挑戦を続けてきた京屋酒造が、本格芋焼酎を使用した新感覚の“和製ジン”を発売。

使用したボタニカル
ジュニパーベリー、柚子、山椒、生姜、きゅうり、ヘベス、日向夏、コリアンダー、グローブの9種類。 ヨーロッパのジンに想いを馳せ、漆黒のボトルにゆずをイメージさせる「ゆずイエロー」のワックスシールで封をし、京屋酒造の看板商品でもある、「甕雫」と「空と風と大地と」を使い、厳選の9種類のボタニカルを融合させました。

焼酎蔵 京屋酒造の挑戦 「なぜ、今、ジン なのか」
焼酎しか知らない私たちが一生懸命ジンを研究したら、手前味噌で恐縮ですが、弊社の焼酎製造技術の素晴らしさに、今更ながらですが、気づかせられた次第です。
日本独自の並行複発酵という伝統的醸造技術と100℃から低温での蒸留という斬新な蒸留技術で、世界でも最大級の蒸留酒市場であるGINに挑戦し、本格焼酎製造の技の素晴らしさを世界に知って欲しいという強い思いが湧いてきました。
国際市場で賞賛を浴びる個性ある世界各地のジンと共に、スーパープレミアムジンの市場を更に活性化出来れば本望です。
和と洋の新たなハーモニーで、九州の南端・日南市 油津から世界を目指したい。

商標 「油津吟 YUZU GIN」の由来
京屋酒造のテロワール「油津あぶらつ」を「YUZU」と。吟味して創ったという意味の「吟」を「GIN」(日本人は‘ぎん’と読むが、英語圏の人は‘じん’と読むであろう)とし、「油津吟 YUZU GIN」と命名しました。