ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中
  • カートの中に商品はありません
店長ブログ

毎度お世話になっております。店長の福島です。

8月、夏真っ盛りです。猛暑というより酷暑が続くこの夏ですが、各地の高い気温や暑苦しさを耳にするたび、都会や水辺のない内陸部で感じる暑さを思えば、この海辺で暮らしていて感じる暑さなんてかわいいもので時には心地良い風も吹き、照り付ける太陽もリゾート地の特権と思えば欠かせないなんてことを思い、毎日リゾートに来てる気持ちで脳をだまして楽しく暑さをしのいでおります。ただ今年の豪雨やまさかの方向から台風が来て過ぎたかと思えばまたパワーアップして戻ってくるという予測もつかず、なにが起きても驚かないほどのこの異常さを考えれば、いつのまにか南国宮崎や沖縄が避暑地の定番になんてこともありえるかもしれませんね。 通常ですと暑さもこれからが本番です。アルコールだけでの水分補給はなんの熱中症対策にもならないそうですので、それを踏まえてくれぐれも熱中症にはお気をつけて元気に夏を乗り切ってください。

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

司牡丹 仁淀ブルー720ml

1,404円(内税)

販売価格 1,404円(内税)
購入数
この商品について問合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける


「日本一水のきれいな川」仁淀川の神秘の美しさを、味わいで体感できる絶品酒!

仁淀川(によどがわ)は、西日本最高峰の石鎚山を源とする、全長124kmの高知県を代表する清流です。この川は、古来より「神河」と称され、「風土記」の中に「神々に捧げるための酒造りにこの清水を用いた」と記されている伝説の神の川でもあります。また仁淀川は、平成23年7月に国土交通省が発表した「全国165河川2010年水質ランキング」にて第1位を獲得し、名実ともに「日本一水のきれいな川」となりました。さらに、平成24年3月のNHKスペシャル「仁淀川〜青の神秘〜」という番組の放送以来、その「仁淀ブルー」と呼ばれるあまりに神秘的な美しさの青色に、全国に驚きと感動が広がっています。

そして司牡丹の仕込水は、この日本一きれいな仁淀川の水系の伏流水なのです。司牡丹の蔵が建つ佐川町は仁淀川の中流域に位置しており、周囲を山に囲まれた盆地であるため、この伏流水が豊富に湧き出しているのです。この仕込水は、やわらかい中にナチュラルな甘みを潜めた軟水であり、この水を口にした多くの人々から、その美味しさは必ずと言っていいほど絶賛されています。日本酒の原料の約80%は水であり、つまり司牡丹の80%は「美味しい」と絶賛される日本一きれいな川の伏流水であるとも言える訳です。司牡丹の根本的な美味しさの秘密は、ここにあると言っても過言ではないでしょう。

「司牡丹・仁淀ブルー」も、もちろんこの伏流水を使用して仕込まれた純米酒です。さらに、これまでも評価の高かった司牡丹の純米酒を、ワンランクブラッシュアップさせた酒質に挑戦しています。酵母は司牡丹の純米酒では初となる協会7号酵母を使用し、その良さを十二分に引き出すため、「火入れ」は1回のみとし、0℃以下の冷蔵庫にて「瓶貯蔵」を行うというものです。結果としてその香味は、より清冽なものになります。

艶やかでナチュラルな香りと、爽やかな柑橘類を彷彿とさせるほのかな酸をしのばせた淡麗辛口の味わいは、抜群の爽やかさを感じさせながら、後口は心地良くサラリと切れていきます。心の中に日本一水のきれいな川・仁淀川の神秘的な清流の風景が、きっと浮かんでくることでしょう。